キャッシングにてお断りになってしまう主な理由とは

キャッシングの申し込みをする前段階では、多くの方々は不安な気持ちになっています。なぜなら、通るか否かの問題があるからです。そもそも申し込みをしたからと言って、100%の確率で借りれる保証はありません。たまに断られてしまう事もあります。

というのも金融会社としては、申し込み者に関わる様々な確認を行うのです。果たしてお金を貸しても本当に問題が無いかを、色々な基準によって評価していく事になります。それで一定の基準を満たした時だけ、借りる事ができる訳です。いわゆる審査ですね。

断られてしまうケースは色々あるのですが、まず最も事例が多いのは他の会社での状況です。そもそもその融資商品の申込をする方々は、全くの未経験とは限りません。どこかの金融会社で既に借りていて、何か問題点を起こしてしまうと審査に落ちる可能性が高いです。

例えば他の会社で返済遅れが発生してしまった時です。金融商品には支払いの期日があります。返済が遅れてしまえば、金融会社からの信用を失い、新たな会社で申し込みをしてもお断りになってしまう事があるのです。

なぜ他の会社の情報が分かるかというと、金融業界独自の情報共有のシステムです。この業界では、それぞれの会社が情報共有できるようになっています。それがパソコンの画面で簡単に確認できるのですが、上述の他社の状況もその1つなのです。

したがって、同時申し込みの件数などもシステムに表示される事が多々あります。一度に8件も同時申し込みをしていたとなると、それも簡単に発覚してしまう訳です。それでお断りになる事も多々あるので、あまり多くの会社に同時に申し込みをしない方が良いでしょう。

それと安定収入の有無で落とされるケースも、意外と多いです。収入が安定していない方は、返済力が疑問視される事があるからです。その他にも、年齢などが理由で落とされるケースも稀にあります。

このような複数の要素を考慮した上で、借りれるかどうかが判断される事になります。基本的には複数要素の加点と減点の総合スコアによって、合否が判断されると考えて良いでしょう。

ページの先頭へ