キャッシングの審査と信用情報

キャッシングは、事前に行われる審査に通った人でなければ融資が受けられません。 ですが、「自分は職場にも年収にも問題がないし絶対に審査に通るはず」と思って申し込んだとしても落ちてしまったというケースは珍しくないのです。

しかも審査に落ちた理由は教えてもらえないため、「もしかしたら自分で気づかないだけでブラックリストに載っているのかも…」と、不安に感じてしまう方もいるでしょう。

審査に落ちてしまった方は、自分の信用情報がどのようになっているのかチェックしてみると良いですね。信用情報は、大きく分けると二つに分けられます。

一つ目が属性情報といわれるもの。 こちらは、氏名や生年月日、年収や勤務先、勤続年数などの個人情報に関することですね。

二つ目が支払情報です。 つまり、他社からの借り入れ情報や返済の遅れなどに関する情報ですね。

これらの情報をまとめたものが信用情報機関と呼ばれるところに集められており、日本には三つの信用情報機関があります。

CICと呼ばれる業者とJICCと呼ばれる業者では、消費者金融、クレジットカード会社、信販会社に関する信用情報を取り扱っており、全国銀行個人信用情報センターと呼ばれる業者では銀行、信金、農協などの情報を取り扱っています。

キャッシングの審査に申し込んだものの、落ちてしまった理由がよくわからないという場合は自分の信用情報を取り寄せて確認するという方法もおすすめです。 それぞれの信用情報機関では自分の情報を開示してもらうことができます。 やり方はそれぞれのサイトに記載されているので、確認した上で申し込むと良いでしょう。

キャッシングなどを利用したことがないのに審査に通らなかった場合、自分がブラックリストに載っているかも…と考えることはまずないですよね。 ですが、スマホや携帯の購入でクレジット契約をし、それを滞納してしまった場合にはブラックリスト扱いになってしまうことがあるので注意しなければなりません。

ほんの数日間、一度だけ遅れた場合は特に問題ありませんが、延滞を繰り返してしまうとブラックリスト使いになってしまうことがあるのです。 このようなことには十分注意しましょう。

ページの先頭へ